注文住宅にエアコンを設置したい!建築時と後付けならどちらがおすすめ?

公開日:2022/10/15   最終更新日:2022/10/19

マイホームを検討する際、間取りやキッチンやお風呂などの住宅設備を重点的に検討しる方が多いでしょう。しかし、エアコンなどの空調設備も非常に重要な設備なので計画段階でしっかりと検討することをおすすめします。そこで、建築時にエアコンを設置するメリットやデメリットについて紹介します。

建築中にエアコンを設置するメリット・デメリット

通常、注文住宅の計画の中でエアコンの取り付け位置を決める打ち合わせがあります。リビングのどの部分にエアコンを設置するのか、寝室やこども部屋には1台ずつ設置するのかどうか、など設置台数や設置場所を決めるのが一般的です。

ただ、場合によっては注文住宅を建てる際にエアコンを設置するのではなく、引き渡し後に設置するケースも少なくありません。では、建築中にエアコンを設置するメリットからみていきましょう。

建築中にエアコンを設置するメリット

注文住宅の打ち合わせの段階でどこにエアコンを設置するのかを相談できるので、配管や配線をすっきりまとめられるのがメリットです。エアコンの設置場所によっては壁に面していないところもあるので、隠蔽配管などが必要になる場合があるでしょう。建築中にエアコンを設置すれば、建物内部に配管を通せるのでインテリアをスッキリ見せることが可能です。

さらに、エアコンの設置場所に合わせて下地補強ができるので、エアコンが落ちてくるなどのリスクもなくなるでしょう。また、天井埋め込み型エアコンなど、特殊なエアコンであっても建築中なら柔軟に対応してくれることがほとんどです。

したがって、配線や配管をスッキリさせたい場合や特殊なエアコンを設置したい場合は建築中に行ったほうがよいでしょう。

建築中にエアコンを設置するデメリット

一方、建築中にエアコンを設置するデメリットとして挙げられるのは工事費用が高額になることです。通常、エアコンを後から取り付ける場合は家電量販店などに依頼することがほとんどです。そして、家電量販店ではエアコン取り付け費を一律に定めており、ハウスメーカーや工務店よりも安いことがほとんどです。そのため、できるだけ取り付け費用を抑えたいという場合は、後付けのほうがお得といえるでしょう。また、ハウスメーカーによってはハウスメーカー経由で購入したエアコンしか取り付け対応してもらえないことがあるので、希望のエアコンを取り付けられない場合もあります。もしくは、家電量販店などで購入するよりも割高になることも少なくないでしょう。

設置費用が安くなるのは後付け?

通常、設置費用を抑えたいなら、建築中ではなく後付けのほうがおすすめです。建築中にエアコンを設置する場合はハウスメーカーや工務店指定の電気業者に依頼しなければならず、中間マージンなどが発生する可能性もあるので、工事費用が割高になるケースが少なくありません。

また、後付けであれば家電量販店のキャンペーンなどを利用することで、工事費用を抑えられるのはもちろん、エアコン自体の購入費用を抑えることができるでしょう。そのため、少しでも安くエアコンを設置したい場合は建築中ではなく、後付けがおすすめです。

エアコンの設置で失敗しないためには

エアコンの設置で失敗しないためには、しっかりと計画することが大切です。エアコンが何代必要なのか、そしてどこに設置するのかをしっかりとシミュレーションした上で検討していかなければなりません。

というのも、エアコンを取り付ける場合は下地補強という壁を補強する工事が必要になります。とはいえ、補強するのはエアコンを取り付ける部分だけなので、それ以外のところは補強されていない状態となります。

つまり、補強されていない部分にエアコンを設置すると、エアコン本体の重みで取れてしまうことがあるのです。たとえば、計画段階でリビングの窓側に設置を検討していたものの、やはり中央部分にエアコンを設置したいと思っても、簡単には移動できないのです。

もともとの計画と異なる場所にエアコンを設置するには下地補強のほか、エアコン専用のコンセントを設置しなければなりません。そのため、あとからエアコン位置を変える場合やエアコンを追加する場合は大がかりな工事が必要になるので、費用が高くなってしまうのです。

しかし、建築段階でしっかりとシミュレーションしておけば、あとから工事する必要がないので、余計なお金を支払う必要はありません。したがって、エアコンの設置で失敗しないためには、しっかりと計画することが大切です。

まとめ

注文住宅では間取りや住宅設備を重点的にみた計画を進めていくことが多いですが、実はエアコンの設置場所や設置時期についてもしっかりと考えておいたがほうがよいでしょう。たとえば、建築中にエアコンを設置する場合は、配管や配線をスッキリ隠せるのでインテリアが綺麗にみえるでしょう。

しかし、後付けの場合は配管が壁を伝ってしまうので、どうしても見栄えが悪くなってしまいます。もしくは、隠ぺい工事という特殊な工事を行うことで配管を隠すことは可能ですが、特殊作業となるため工事費用が高くなってしまうでしょう。エアコンの設置で失敗しないためには、あらかじめどれだけのエアコンをどこに設置するのかを計画することが大切です。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

注文住宅の坪単価を目安にして新居購入の予算を立てる方も多いと思いますが、坪単価の計算式にははっきりとした決まりがないため、少し注意が必要です。どのように計算されたかによって総費用で数百万円も

続きを読む

株式会社松村工務店 住所:〒375-0016 群馬県藤岡市上栗須386-1 TEL:0274-22-1878 注文住宅は自由に間取りや住宅設備を決められるのでライフスタイルや家族構成に合った

続きを読む

株式会社山口工務店 住所:〒375-0024 群馬県藤岡市藤岡1546-1 TEL:0274-23-5247 営業時間:8:00~18:00 定休日:日曜 注文住宅ではライフスタイルや家族構

続きを読む

マイホームを検討する際、間取りやキッチンやお風呂などの住宅設備を重点的に検討しる方が多いでしょう。しかし、エアコンなどの空調設備も非常に重要な設備なので計画段階でしっかりと検討することをおす

続きを読む

日本における住宅設計には色んな方法がありますが、広く知られている工法の1つに「2×4工法」と呼ばれるものがあります。日本の住宅を支える木造工法であることから広く採用されており、現在すでにお住

続きを読む

せっかく手に入れた新しい住まいなら、いつまでも美しく保ちたいものです。しかし、日常生活には仕事や家事が盛りだくさんであり、大切な住まいのメンテナンスに悩んでいる人も多いでしょう。では、素人の

続きを読む

素敵な住まいに家族でのんびり暮らしたい、そんな願いを叶えるためには「家の広さ」についての知識を持つことが重要です。建売やマンションはご自身で家の広さを決めることができませんが、注文住宅なら間

続きを読む

いつかは憧れのマイホーム、そんな願いを実現するなら注文住宅による設計をお考えではないでしょうか。注文住宅を施工するにあたっては、費用を抑えることができる「セミオーダータイプ」と呼ばれる方法が

続きを読む

近年大いに話題となっている「ZEH」という言葉をご存じでしょうか。通称・ゼッチと呼ばれているもので、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを意味しています。環境への配慮が行き届いた新しい住まいの在

続きを読む

家族で素敵な住まいを作っていくにあたっては「収納」についてしっかりと検討する必要があります。収納を確保しておかないと、色んな場所に物が溢れてしまう可能性があります。そこで、今注目を集めている

続きを読む